【10年前のきょう・2008年4月2日】福井市の県警察学校で二日、入校式が行われた。住民に信頼される警察官や警察職員を目指し、百人が新たな一歩を踏みだした。

 入校したのは、第七十七期初任科の九十二人と第十五期一般職員初任科の八人。大量退職時代を迎え、一九八〇年以来過去最大規模の入校数となった。

関連記事