福井県池田町立池田中学校の校舎=2017年11月

 福井県池田町立池田中学校の生徒自殺問題を巡り県教育委員会は3月30日付で、当時の堀口修一校長(60)が提出していた退職願を受理した。

 退職願は、教員による厳しい指導が原因と結論付けた調査委員会報告書公表後の昨年10月に提出され、県教委は「教員としての処分」を検討するため保留していた。

 市民団体からの告発を受け業務上過失致死容疑で捜査している福井地検に動きが見られないとして、定年退職を迎える31日を前に受理した。

関連記事