女子スーパー大回転で初優勝した福井工大福井の辻朱夏(中央)=長野県の西館山スキー場

 アルペンスキーの全国高校選抜大会は18日、長野県の西館山スキー場で開かれた。女子スーパー大回転で福井工大福井高2年の辻朱夏が55秒60で優勝を飾った。福井県勢がアルペン種目を制したのは初めて。

 スーパー大回転は、滑降のスピードと大中のターンをこなす大回転の技術の両方が求められる。1回のタイムで競った。

 3番目スタートの辻は、ターンで果敢に攻め、2位に1秒27差をつけ、唯一の55秒台を出し頂点に立った。「一番得意な種目で優勝できて素直にうれしい。最高の気分」と喜びをかみしめた。

関連記事