軽快にダッシュする福井ミラクルエレファンツの選手たち=福井市の福井フェニックススタジアム

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは10日、福井市の福井フェニックススタジアムでキャンプインした。初日から選手たちは軽快な動きを披露。念願のリーグ制覇に向け本格的に動きだした。

 練習前のミーティングで田中雅彦監督は「自主性を持って取り組んでほしい。活気ある、実りあるキャンプにしよう」と鼓舞。全体アップで汗を流した後はブルペンでの投球練習、フリー打撃などを精力的にこなした。

 11年目の今季は新人12人が加入し、フレッシュな顔ぶれとなった。木下裕揮主将は「自分も若い選手に負けていられない。明るく、元気のいいチームにしていきたい」と力強く語った。

 今後はチーム練習に加え、オープン戦や練習試合をこなしながら実戦モードに入っていく。開幕戦は4月8日、福井フェニックススタジアムで昨年のリーグ覇者、信濃グランセローズと対戦する。

関連記事