清水邦広

 バレーボール男子の元日本代表、清水邦広(31)=福井工大福井高出身=が18日のV・プレミアリーグ・ファイナル6の試合中に右膝関節を負傷し、右前十字靱帯損傷で全治12カ月と診断されたと所属先のパナソニックが20日、発表した。今秋の福井国体で福井県成年男子チームのエースとして期待されていたが、試合出場が厳しい状況になった。

 ⇒【関連】清水選手が柴田勝家役

 パナソニックは「けがの状態から、復帰時期は未定」としている。

 清水はツイッターで「本当に悔やみきれないです。また戻ってこられるか分かりませんが、みなさんの思いや言葉はしっかりと届いています」などと悲痛な思いをつづった。

 清水は4月14日に福井市で行われるふくい桜まつりの「越前時代行列」で、柴田勝家役として出演することが発表されているが、まつりの実行委員会によると実際に出演できるかどうかは未定という。

あわら市
あぁ、あわら贅沢
【編集部が勝手にオススメ】▽観光 あわら温泉、北潟湖▽味覚 越のルビー、松乃露…
バレーボール
▼バレーボール6人制。1セット25点先取の5セットマッチ(最終第5セットは15…
バレーボール
関連記事