車谷暢昭氏

 東芝は14日、2018年3月期連結純損益予想を上方修正し、従来の1100億円の赤字から5200億円の黒字になる見通しだと発表した。経営強化策として、元三井住友銀行副頭取の車谷暢昭氏(60)が4月1日付で代表執行役会長兼最高経営責任者(CEO)に就く人事も発表した。綱川智社長(62)は続投し、新設する最高執行責任者(COO)を務める。

 黒字額は、11年3月期の1583億円を上回り7年ぶりに過去最高となる。業績の上方修正は、傘下にあった米原発大手ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)の関連債権の売却益や税負担軽減効果を反映した。

関連記事