観測史上最多の積雪となった福井県越前市内。車がすっぽり覆われた=13日

 福井地方気象台によると13日は強い冬型の気圧配置となっていたが、今後北陸地方の上空の寒気は東に抜け、冬型の気圧配置は西から次第に緩む見込み。県内に出されていた大雪警報は午後3時16分までに、すべて解除された。

 県内の同日午後4時の積雪の深さ(アメダス速報値)は、大野市九頭竜299センチ、大野175センチ、南越前町今庄154センチ、越前市武生125センチ、福井105センチ、敦賀41センチ、小浜16センチ。

 九頭竜では午後2時に301センチ、武生では午前11時に130センチの積雪を記録した。いずれも統計開始以来、過去最高の値。

 13日午後4時までの24時間降雪量は、大野45センチ、九頭竜39センチ、今庄38センチ、武生34センチ、福井20センチとなっている。

 14日午後6時までに予想される24時間降雪量は、多い所で嶺北平地5センチ、嶺北山地10センチ、奥越10センチ、嶺南平地3センチ、嶺南山地5センチの見込み。

関連記事