【10年前のきょう・2008年2月7日】福井県コミュニティビジネス推進協議会(増永矩明会長)は七日、県内でコミュニティー(地域助け合い)ビジネスに取り組む十六事業所を初めて選定し、福井市の繊協ビルで認証授与式を行った。

 コミュニティービジネスは、地域が抱える課題解決を事業としてとらえて実践していくもの。商店街の活性化や農産物販売、女性や障害者の就労支援などがあり、地域貢献型事業と位置づけられている。

関連記事