冬季国体スピードスケート成年男子1000メートル決勝 優勝を決めガッツポーズする福井の小坂龍

冬季国体スケート・ショートトラック成年男子1000メートル、表彰式で笑顔を見せる岩下聖

 冬季国体スケート、アイスホッケー競技は1日に全日程が終わり、福井県は両競技とも競技別天皇杯で入賞した。競技得点は昨年の0点から91点と飛躍し、参加点20点を加えた天皇杯(男女総合成績)は10位につけた。二つの優勝を出すなど16の入賞で、福井国体に向けて文句なしの滑り出しとなった。

 特に入賞ラッシュに沸いたのはスピードスケート。男女計9人が挑み、入賞数は12。表彰台には実に7度立ち、競技得点は63点の荒稼ぎだった。

 選手はいずれも一昨年、昨年に大学を卒業し、福井県体協の選手兼特別強化コーチとなり競技に専念している。「恵まれた環境をもらった。恩返しするつもりで滑った」と成年男子1000メートルを制した小坂。レースを見守った福井県選手団総監督の丹羽治夫県体協専務理事は「責任感を持って粘り強く頑張っていた。まさに福井国体へ勢いをつける滑りだった」と賛辞を惜しまなかった。

 スケート・ショートトラックも、ともに特別強化コーチの成年男子2人が優勝を含む三つの入賞。アイスホッケー成年男子は本国体初出場で6位に入る大活躍をみせた。

 福井国体で最大のライバルとなる東京とは37点差。2月末からはスキー競技が始まる。総合優勝に向けて、いい流れをつないでいきたい。

●…冬季国体の福井県勢入賞者…●

 【アイスホッケー】
▽成年男子 福井県6位

 【スピードスケート】
▽成年男子1000M 小坂龍優勝
▽成年男子500M 後藤卓也準優勝
▽成年男子1500M 池田崇将準優勝
▽成年男子5000M 大林昌仁3位
▽成年男子2000Mリレー 福井県3位
▽成年女子500M 中村杏奈3位
▽成年女子1000M 新井縁3位
▽成年男子1500M 小坂龍4位
▽成年女子2000Mリレー 福井県4位
▽成年女子500M 永田希絵5位
▽成年男子1000M 後藤卓也7位
▽成年女子1000M 永田希絵8位

 【ショートトラック】
▽成年男子1000M 岩下聖優勝
▽成年男子500M 伊藤聡貴5位
▽成年男子500M 岩下聖8位

※個人の所属はすべて福井県体協

関連記事