【ニューヨーク共同】週明け22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は下げて始まった。午前10時現在は前週末比14・27ドル安の2万6057・45ドルをつけた。米連邦政府の一部機関閉鎖による先行きの不透明感が相場の重しとなった。

 一方、ハイテク株主体のナスダック総合指数は4・32ポイント高の7340・70。

関連記事