大量の泡があふれた温泉施設(和歌山県新宮市提供)

 和歌山県警新宮署は15日までに、温泉施設の浴槽にシャンプーなどを入れ、大量の泡を発生させて使用できなくしたとして、威力業務妨害の疑いでいずれも三重県松阪市に住む19歳のとび職の少年2人を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年8月17日午後、和歌山県新宮市の市営温泉施設「熊野川温泉さつき」で、備え付けのシャンプーやボディソープのボトル8本をジェットバスの中に投入し、大量の泡を発生させて施設の業務を妨害した疑い。

 同署によると、2人は同僚数人のグループで施設を訪れていた。現場から立ち去った車のナンバーや防犯カメラの映像などから少年らが浮上したという。

関連記事