13日、スイス・ベルンで、トランプ米大統領に反対するデモに参加した人々(ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】23日の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)開幕を前に、スイスの首都ベルンで13日、会議に参加するトランプ米大統領に反対するデモが行われた。約千人が「トランプをやっつけろ」「資本主義に未来はない」などと訴えて市の中心部を練り歩いた。

 スイス・メディアによると、デモを主催したのは反グローバリズム団体。ダボス会議を「新自由主義を討議する場」と位置付け、参加者は「世界経済フォーラムを廃止せよ」「トランプと闘え」などの横断幕を掲げていた。

 反グローバリズム団体などはチューリヒなどでも抗議活動を計画しており、治安当局が警戒を強めている。

関連記事