林浩嗣 県済生会病院神経内科医長

 【問い】 最近、夫が家の中でたばこを吸うようになってから、頭痛がして吐きそうになります。そのうち手足がしびれ、物を持つと落とすので、家事にも支障が出ます。しびれのために、寝ていても2、3時間すると目が覚めてしまいます。たばこを吸っている人と外ですれ違うだけでも気持ち悪くなりますが、やはりたばこが原因なのでしょうか。ほかに原因がある可能性もあるのでしょうか。(小浜市、43歳女性)

 【お答えします】

! まず脳卒中、脳腫瘍などを調べる

 頭痛やしびれのため、毎日、お困りと存じます。相談の頭痛やしびれについて、神経内科には多くの方が受診されます。
 まず、皆さんが心配なのは、脳や神経に何らかの病気があるために、症状が出ているのではないかということだと思います。
 症状が、いつから、何をしている時に起こったのか、どのくらい続いたかなどの問診でどのような病気であるか予想できます。次に、診察を通して、脳や神経のどの部分に症状の原因となる病気があるかを予想します。そして、画像をはじめとする、いろいろな検査をして診断に至ります。
 まず、頭痛やしびれを来し、診断が遅れると取り返しのつかない脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、脳腫瘍などがないか調べる必要があります。

! 化学物質過敏症の可能性

 今回の相談の頭痛やしびれは、脳卒中、脳腫瘍などのような病気ではないかもしれません。では、どのような病気が考えられるでしょうか。ヒントはたばこにあると思います。
 相談内容から、化学物質過敏症の可能性があるかもしれません。化学物質過敏症とは、普段の暮らしの中のさまざまな化学物質に、とても敏感に反応してしまう病気です。
 皆さんも、塗料の臭いや排ガスが充満した空間では、頭痛や目がチカチカしたり、気分が悪くなったりすることがあると思います。このような皆さんに生じる一般的な反応に対して、化学物質過敏症はごく少量の化学物質にも反応し限られた人にしか症状が出ないという違いがあります。
 病気のメカニズムについては、まだよく分かっていません。原因となる物質は、香料、化粧品、たばこ、インク、洗剤、食品添加物、医薬品、燃焼排ガスなどです。症状は、頭痛、めまい、吐き気、せき、息苦しさ、筋肉痛、動悸(どうき)、不安感、集中力低下、下痢、しびれ、運動障害などです。

! 原因物質遠ざけ、効率的に換気

 身近な化学物質にも反応してしまう場合には、仕事に行けない、家事ができないなど、日常生活にさえ不自由することがあります。根本的な治療は分かっていませんが、対応としては、原因となる物質から遠ざかること、効率的な換気を行うことといわれています。
 頭痛やしびれで困っている方は、神経内科専門医のいる施設の受診をお勧めします。

関連記事