沖縄県警は11日、国際希少野生動植物種に指定され、原則取引が禁じられているオオカミの剥製を販売目的でインターネットオークションに出品したとして種の保存法違反の疑いで、同県宜野湾市の自営業の男(69)を書類送検した。

 書類送検容疑は昨年2月29日〜同3月7日、環境省に登録せずにオオカミの剥製をネットオークションに掲載した疑い。県警によると、ネット上では「即決50万円」とうたい、男は「金もうけのためにやった」と話しているという。

関連記事