ステージコンテンツ「実は、わたし、ITでハッピーになりました」の登壇者たち

まずは知ろうとしてみる。その最初の一歩を踏み出すかどうかで、自分に入ってくる情報や、そこから広がる世界が、価値観がちょっとだけ変わる。僕はそれって、ITの分野だけではなく、すべてにおいて言えることだと思っていて、人生の幅をも広げることにつながっていくことになると思うんです。

今回のイベントをきっかけに、知らなかった方にはITの魅力を少しでも知ってもらえていたらうれしいし、苦手だなと思っていた方には少しだけ克服してもらえていたらうれしいし、そして、もし来年もこのイベントに僕たちが関わらせていただけるのであれば、「去年、教えてもらって、あれからやっているよ!」

そんな声が聞けたら、とってもうれしいです。(筆者:ゆるパブメンバー 大連 達揮)

  ×  ×  ×

このコラムに対するみなさんのコメントをFacebookで受け付けています。

 ⇒ゆるパブリックの公式サイト

 【ゆるパブコラム】福井の若者や学生、公務員、起業家、経営者、研究者などがゆるくつながり活動する一般社団法人ゆるパブリック(略称:ゆるパブ、2015年福井に設立)が、さまざまな視点から福井のまちの「パブリック」に迫ります。ゆるパブメンバーを中心に執筆中。

関連記事