RSウイルスの電子顕微鏡写真(米疾病対策センター提供)

 ■縦抱きで楽になることも

 ワクチンはありません。早産児や生まれつき心臓疾患のある子どもはRSウイルス感染を予防する注射薬を使用する場合がありますので、主治医と相談してください。

 呼吸が苦しそうなときは、鼻水を吸ったり、縦抱きにしたりしてあげると楽になることがあります。母乳・ミルクや水分の飲みが悪い時は、1回の量を少なくして何回にも分けて与えましょう。(渡邉康宏/福井赤十字病院小児科部長)

 =福井新聞の子育て紙面「はぐカフェ」は毎週月曜に掲載中!

関連記事