RSウイルスの電子顕微鏡写真(米疾病対策センター提供)

 ■特効薬なし、治療は症状の緩和

 特効薬はありません(抗菌薬は細菌には効きますがウイルスには効きません)。痰(たん)を切れやすくする薬や気管支を広げる薬などで、症状を和らげる治療を行います。ただし細菌性の中耳炎などを合併した時は、抗菌薬が必要な場合もあります。

 病状の変化が早いときもあります。次のようなときは早めに受診してください。

(1)ゼイゼイ、ヒューヒューの音が強くて息がつらそう
(2)呼吸が速く肩で息をする
(3)顔色や唇の色が悪い
(4)母乳・ミルク、水分の飲みが悪い

 重症な時は入院して水分補給の点滴や酸素吸入などを行います。

関連記事