20代から始めても楽しくテニスはできます。

(2)ラケットを準備しよう。
 初めての方はお悩みでしょう。教室によっては貸ラケットがあったりするので、1、2回はそれを使ってみてもOK。ただし、その後も続けたいと思ったら、指導者に相談したりして購入するのが良いと思います。

(3)シューズを準備しよう。
 初心者なら、まずは運動靴であればOKだと思います。ただし、ラケット同様、専用のシューズを準備される事をお勧めします。

(4)テニスボール
 教室に入られるのなら、ボールは教室が準備するはずです。

■上達の秘けつは「年数より回数」

 以上でアナタも簡単にテニスを始められます。教室でコツを学んだら、できるだけ自分たちでコートを予約してやってみましょう。その際は、自分のボールは忘れずに! テニスは、経験年数より経験回数の多い方が上達します。例えば、教室に入ったら恥ずかしがらずに積極的にボールを打ちましょう。隣のコートで上手な人を見かけたら「いつかあんな風に!」と思って頑張って下さい。

 ちなみに私は初心者の頃、コーチに「カッコイィフォームで打つなぁ~」と褒められただけで、現在も続いているようなものです。今がカッコイイかは謎ですが・・・

 とにかく、テニスは勝てば楽しいのは当然ですが、負けてくれる人がいるから勝ちはあるわけです。負けても楽しい試合が出来るようになれば、生涯スポーツとして永くテニスを愛していけると思います。1年間通して、ビギナーズでも参加できる大会はありますし、試合中には相手の巧さを感心して楽しいと思えてきます。

 さあ、年度の初めに心機一転して、テニスを始めてはいかがですか?