北陸三大祭りの一つで県無形民俗文化財、福井県坂井市の三国祭は十九日始まった。三國神社境内や旧市街の細い路地に露店が連なり、多くの人でにぎわった。二十日は呼び物の山車(やま)巡行が行われる。


 十九日は同神社拝殿で神事が営まれ、巫子(みこ)たちが祭りの幕開けを告げる浦安の舞を奉納。色とりどりの狩衣(かりぎぬ)に烏帽子(えぼし)姿の神職たちが、三国旧市街の約千五百戸を一軒一軒回っておはらいし、二十日の神輿(みこし)の渡御(とぎょ)準備を済ませた。

 二十日巡行する山車は「本多作左衛門」(森町区)「朝倉義景」(玉井区)「山本勘助」(滝本区)「永代桜」(桜町区)「張飛翼徳」(元新区)「継体大王」(三国祭保存振興会)の六基。

 山車は午前中に各区の山車蔵を出発し、正午ごろ同神社前に勢ぞろい。午後一時ごろから、神輿二基とともに、提灯(ちょうちん)が軒先に並ぶ三国湊の狭い路地を練り歩く。福井新聞社は山車が巡行する三国湊きたまえ通りに臨時編集局を設け、マイ号外や地域号外を発行する。