五分の平ノミは、首の長い小道具ですから 
バチノミとして使える形にして残しました。
(バチノミとは、三味線のバチのような形をしているノミのことを言います。)

鋼も古くなると、粒子が落ち着いてきますから質が良くなります。
最初は堅くて欠けやすく困った鋼も、時を経ることによって練れて使いやすくなります。
最後まで使い場を与えると捨てられない。
古くなったら、本格的な仕事は出来なくてもそれでなければならない出番がある。    
何か現役引退後の姿を思わせます。

鋼についても、今では刃物用に作られた、工作鋼の材料があります。供給は同じ会社ですから刃物の製作者は違っても材料は同じです。大差ない製品が出回っています。
それを使って作られた刃物は、地金と鋼の接合面が真っ直ぐです。鍛冶屋さんが地金と鋼を付け合せた刃物は接合面が波打ちます。丁寧に、鋼を巻いた刃物も作られます。鋼が巻かれている分丈夫になり堅い木の加工に使われます。
上の刃物は接合面が真っ直ぐです。
下の刃物は接合部が波打ち先は鋼が巻かれています。
よく見ると分かっていただけるでしょう。

地金は和鉄、鋼は特殊な鋼良い鋼の使われているものは、やはり切れ味が違い最後の仕上げのときに使います。この二本の小刀は 特別に作って頂いた切り出し。
地金は元禄期の和鉄 鋼はアーサーバルファー鋼。粘りがあって刃持ちがよく長切れします。

専門家用の小刀は刃だけが送られてきます。
柄は自分が使いやすいように 
作らなければなりません。
割り柄といって 
抜き外しができるように作ってあります。
また、これらを研ぐ場合は普段使わない良質の天然砥石を使います。
制作者がそれだけ吟味したものですから、 
使う私もその能力を十分に引き出さなければ
申し分けありません。   
刃物は、使うより研ぐほうがはるかに難しく、
研ぐ技術が問われます。
最近の人造砥石は、種類も増え品質も良くなっていますが、仕上げ砥石に限って言えば 
まだ天然産が良いようです。
修行時代、お金はあるわけがなく、思い切って思い切って買った砥石です。

仏像などの、最後の仕上げのときにはこの刃物と砥石を使います。  
鍛冶屋さんは「切れ味は研ぎ方にもよる」と言い、研ぐほうは「鋼の質による」と言い返します。
結局、両方とも良くないと切れないということでしょう。

白木仕上げのときは、削られた面の「ツヤ」が違います。             
良い道具は使いこなすのも大変。しかし、その分仕事の仕上がりは違ってきます。

良い刃物は大切ですから使いたくありません。砥石も使うと減りますからためらいます。しかし持っているだけでは意味がなく、やはり使ってこその道具。
困るなァーー。

もう一言

刃物は 旧石器時代から使われています。

素材は 石→青銅→鉄 と変わり 製造法・精度は進化してきました。 しかし 原理は 近年のレーザー・高圧力を利用する切断方法が出現するまで 変わらなかったのです。
その意味で 現代はまだ 旧石器時代の延長上にあると言えます。

調理の世界で加熱する方法が、 電子レンジの登場まで 火を使うという旧石器時代とまったく変わっていなかったことと 同じです。