鹿蒜川の氾濫で水没したJR北陸線踏切=8月5日午前10時40分ごろ、福井県南越前町今庄

 JR西日本金沢支社は8月5日、北陸線敦賀―武生間で線路に甚大な被害が確認されたとして、少なくとも9日まで同区間の運転を見合わせると発表した。特急サンダーバード、しらさぎは全て全区間で運休する。普通の武生―金沢間は6日の始発から通常運行する予定。北陸自動車道、国道8号は復旧のめどは立っていない。

⇒積乱雲が次々発達…大雨もたらした線状降水帯 8月4日、福井県内に初めて「顕著な大雨情報」

 5日の北陸線の特急は終日運休した。普通は敦賀―武生間を除き、同日夜までに順次再開した。越美北線と小浜線の敦賀―小浜間も終日運転を見合わせた。

⇒関西・中京~北陸、JRの迂回ルートは

 北陸道は上り線が武生インターチェンジ(IC)-敦賀ジャンクション間、下り線は武生IC―木之本IC間で通行止めとなっている。

 国道8号は越前市白崎町―敦賀市田結、国道365号は南越前町鯖波―敦賀市余座、越前・河野しおかぜラインは南越前町河野―敦賀市大比田がそれぞれ通行止めになっており、県は東海地方を経由した広域迂回を呼びかけている。