「東京卍リベンジャーズ」とのコラボ商品を手にする南部拓也常務=福井県大野市元町の南部酒造場

 銘柄「花垣」で知られる蔵元、南部酒造場(福井県大野市元町、南部隆保社長)は、週刊少年マガジンで連載中の人気漫画「東京卍リベンジャーズ」とコラボした純米大吟醸の2銘柄を8月9日に発売する。主人公の名前「花垣武道」と銘柄名が同じだったことから企画が実現。漫画の設定にちなみ2005年と現代をテーマにした2銘柄で、予約を受け付けている。

 漫画は主人公がかつての恋人を救うために、時空を越える能力を使い05年と現代を行き来するストーリー。05年をテーマにした「東京卍リベンジャーズコラボ TIME LEAP 2005 花垣 純米大吟醸」は05年に醸造し、熟成させたもの。大野産の酒米五百万石を醸し、17年熟成させたことで黄金色に変化し、ほろ苦くまろやかな味わいとなっている。熟成酒の色と合わせ、パッケージには若き日の金髪の主人公を採用した。

 現代版となる「東京卍リベンジャーズコラボ 花垣 純米大吟醸」は、今回の企画に合わせて醸造し、大野産の五百万石と山田錦を使用。酵母も県産にこだわり、華やかな香りと爽やかな味わいで飲みやすく仕上げた。

 同社でコラボ商品を発売するのは初めてで、南部拓也常務は「今回をきっかけに花垣の知名度アップにつなげたい。漫画の世界を楽しみながら日本酒を味わってもらたい」と話していた。

 ともに720ミリリットル。05年版(7700円)は限定800本で、オンラインショップのみで販売。現代版(3850円)は限定4700本で、オンラインと店頭で販売する。予約はオンラインショップから。問い合わせは同社=電話0779(65)8900。