猛暑の夏を乗り切ろうと茅の輪をくぐる参拝者=6月30日、福井県福井市足羽1丁目の足羽神社

 夏を健康に乗り切ろうと、罪やけがれを払う「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」が6月30日、福井県福井市足羽1丁目の足羽神社で営まれた。市内は3日連続の猛暑日となり、参拝者は厳しい日差しの中、汗を拭いながら茅の輪をくぐり、心身を清めた。

 茅の輪は高さ約3メートルのものを拝殿前に立てかけ、さらに地面にも設置。それぞれ滝と池に見立て、池に入って滝に打たれるみそぎの様子を表現している。

⇒便秘解消ならこちらがおすすめ

 参拝者は「水無月(みなづき)の夏越の祓(はらい)する人は千歳(ちとせ)の命延(よわいの)ぶといふなり」と古歌を唱えながら、茅の輪を左、右、左回りの順にくぐった後、手を合わせ健康を祈願していた。