「ふくいメロンまつり」で販売されるメロンスイーツ

 旬のメロンを堪能できる「ふくいメロンまつり」が6月25、26日、福井県福井市のハピテラスで開かれる。「マルセイユ」や「アンデス」など県産メロンの販売があるほか、県内菓子店や果物店特製の彩り鮮やかなスイーツなども味わえる。

 県産メロンの魅力を伝えようと、福井市とまちづくり福井が2016年から開いており6回目。スイーツ9店舗やキッチンカーなど計15店が出店する。

⇒老舗料亭が開いたカフェ、板前がパフェ作り

 県産メロンの販売のほか、2種類のカットメロンの食べ比べを楽しめるブースがある。県内スイーツ店はメロン半玉にクリームとスポンジ生地をたっぷり詰め込んだケーキや、クロワッサンのメロンサンドなどを販売。多彩なメロンスイーツを味わえる。

 会場のステージではウインドシンセサイザーの演奏などもある。まちづくり福井の担当者は「メロン尽くしの会場で、旬の味をいろんな形で味わってほしい」と話している。

 午前10時~午後4時。問い合わせは福井市にぎわい交流施設=電話0776(20)2901。