たわわに実った大粒のブルーベリーを収穫する生産者=福井県福井市間山町

 福井県福井市のブルーベリー農園で、今季の収穫が始まっている。濃い青色に熟した大粒の実がたわわに実り、生産者が一つ一つ丁寧に摘み取っている。

 同市間山町の「まやまさんちのブルーベリー園」は、約8600平方メートルの敷地で約1800本のブルーベリーを栽培。天谷愼十郎代表(73)は「今季の成育は順調」と話し、6月13日朝から3人で、直径2センチを超す「ユーリカ」と香り高い「デューク」を計約8キロ摘み取った。収穫は8月初旬まで続く。

 摘み取り体験(有料)も受け付けている。