ネコの爪切りは必要ですか?爪とぎ用の道具を買ったり、段ボールで作ったりして自分でといでもらっています。ほっといてもいいのでしょうか?(ラグドール、メグさんの相談)

メグさんの愛猫のラグドール(投稿写真)

【お答えします】福井県獣医師会 開業部会
もりた動物病院(福井県福井市)  森命院長

 ◆  ◇  ◆

 必要なケースもある、ということになるのではないかと思います。通常、猫は自分で爪とぎを行い、伸び過ぎてしまうということはありません。

 猫にとって爪切りが必要なのは、高齢になって関節炎になるなど、何らかの理由で爪とぎができなくなってしまった場合です。爪が伸びすぎて肉球に刺さってしまい、出血したりひどいと歩けなくなったりしてしまいます。そういった場合は定期的に爪を切ってあげることが必要になります。伸び過ぎた爪は切らないといけません。

⇒【動画】犬と猫の絶妙な距離感…近所で話題の散歩

 また、猫の引っかき傷からひどい感染症を起こしてしまう例もありますので、家族を傷から守る、あるいは同居のペットとの相性が良くなくて喧嘩が多い、家財道具を傷つけたくないなどの目的があれば定期的に爪を切って短くしておくべきかと思います。

 ただ、爪を切ったことで引っかかりがなくなり、普段登っていたキャットタワーに登れなくなったという相談を受けたこともあります。外にも出てしまうネコの場合、喧嘩の際に自衛ができなくなったり、木に登って逃げることができなくなったりすることがあるかもしれません。

 外出はおすすめしませんが、外にも出てしまう猫では切らない方が良いかもしれません。

⇒飼い主が悩みがちな甘噛み 攻撃的な行動抑える方法は?

ペットの悩みや疑問 相談してみませんか?

 「ペットドクター相談室」は、ペットの悩み事や疑問、不安をネット上で募り、福井県内の獣医師が回答するコーナーです。寄せられた相談は、県内35の動物病院が所属する福井県獣医師会で、小動物の診療に携わる「開業部会」の獣医師が回答します。

 相談投稿はペットドクター相談室の専用フォームで受け付けています。コロナ下で家でペットと過ごす時間が増え、気になった行動や病気、高齢ペットの介護法…。大切な家族のこと聞いてみませんか?