大勢の観客が見守る中、熱戦を繰り広げる福井丸岡RUCKとイタリア・セリエA「ラツィオ」=6月18日、福井県福井市の福井県営体育館

 女子フットサルの日本リーグ「福井丸岡RUCK」とイタリア・セリエAの強豪「ラツィオ」の国際親善試合「日本AMC インターナショナルカップ 2022」が6月18日と19日、福井県営体育館(福井市)で行われた。千人を超える観客の前で、世界トップクラスの迫力あるプレーが繰り広げられた。

 ラツィオはイタリアやブラジルなどの代表選手が所属するプロチーム。丸岡RUCKが2019年に続いて招いた。

 18日の試合は前半3分、丸岡RUCKの横山凜花選手がCKを起点に先制点を奪った。一方のラツィオは底力を見せて怒濤の反撃に出た。後半12分に1-1の同点に追い付くと、同17分に昨季のリーグ優秀選手のブラジル人選手が右サイドの角度のない位置から豪快にミドルシュートを決めた。

 ラツィオの選手はオーバーヘッドキックや足元の高い技術で会場を沸かせた。丸岡RUCKはスピードと華麗なパスワークを披露。観客からは両チームに大きな拍手が送られた。

 18日の試合はラツィオが2-1で競り勝ち、19日は3-3で引き分けた。

  ×  ×  ×

 福井丸岡RUCKは福井県に特化したクラウドファンディングサービス「ミラカナ」で試合の運営費を募り、82万8千円の支援を集めた。