鎌野太津子さん=写真左、白﨑ひとみさん=同右、山本真美さん=同中

声楽ユニット「ムジカレガーロ」の3人

 7月のちょっと素敵な音楽会は県内を拠点に活躍するハープ奏者3人のスペシャル公演。鎌野太津子さん(福井市)、白﨑ひとみさん(同)、山本真美さん(坂井市)で、いずれも仁愛女子高音楽科ハープ専攻卒業。プログラムはパッフェルベルの「カノン」、スメタナの「モルダウ」などを音域の異なるグランド、アイリッシュ、サウルの3種のハープを使い分けて演奏します。後半は声楽ユニット「ムジカレガーロ」と共演し、童歌やポップスなどなじみがある曲で盛り上げます。
※新型コロナウイルス感染症対策のため、通常より座席数を減らし、席の間隔を空けて開催します

【期日】7月15日(金)
【開演】午後7時(開場同6時)
【場所】福井新聞社・風の森ホール
【チケット】2500円(持ち帰り用クッキー・ドリップオンコーヒー付き)全席自由
 QRコードを読み込むとウェブでチケットが購入できます
【取り扱い】福井新聞社読者センター=電話0776(57)5140
 ※電話予約は受け付けておりません  

主催 福井新聞社  
共催(一財)福井新聞風の森事業団