日本庭園学会全国大会の公開シンポジウムが19日、福井市の県立図書館で開かれた。県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館の小野正敏特別館長が「庭園に何を読むか、発掘庭園の意義と活用の課題―武家の城館を例に」と題し講演...