広島、長崎両市で日米が共同運営する放射線影響研究所(放影研)が26日までに、マウスを使い、受精後の細胞分裂の過程を再現する手法を開発したと発表した。放射線被ばくや化学物質に起因する突然変異の解析に応用...