スズキ・ワゴンR

 スズキは5月19日、衝突時にフロントドアが開く恐れがあるとして、軽自動車「ワゴンR」2万1630台(2017年1月~22年3月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。不具合の報告はない。

 国交省によると、車体側面が衝突し、ドアに取り付けたエアバッグが展開すると、ドアの留め具が変形して開く場合がある。

 リコール対象車の型式、車体番号の範囲は以下の通り。

リコール対象のワゴンR

型式 リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲 リコール対象車の台数
及び製作期間
DAA-MH55S MH55S-726692~MH55S-736073 3,733
平成30年9月3日~令和2年1月6日
MH55S-900074~MH55S-914619 14,239
平成29年1月27日~令和元年12月27日
4AA-MH55S MH55S-920001~MH55S-923712 3,658
令和2年1月6日~令和4年3月10日
合計 21,630

※【備考】商品名「ワゴンRスティングレー」のサイドエアバッグ装着⾞のみ