日本原子力研究開発機構は13日、廃炉作業中の新型転換炉ふげん(敦賀市)の解体作業で出た金属類約108トンを一般廃棄物と同様に再利用・処分するための確認証を原子力規制委員会から受けたと発表した。クリアラ...