福井銀行の観光活性化プロジェクトチーム「ふくジェンヌ」の8期メンバー=5月10日、福井県福井市の福井銀行本店ビル

 女性目線から福井県内の観光情報を発信する福井銀行(本店福井県福井市、林正博頭取)の観光活性化プロジェクトチーム「ふくジェンヌ」の8期メンバーに5月10日、委嘱状が交付された。2年後に控えた北陸新幹線福井県内開業へ向けて、本部や各支店から選抜された女性行員計16人が全国へ福井の魅力を発信していく。

 福井銀行本店ビルで委嘱式が行われ、林頭取は「福井のお店やスポットの良さを伝えるだけでなく、さらによくするためにはどうしたらいいかという視点を持って、活動に取り組んでほしい」と新たなチャレンジに期待を込めた。

 本年度の取り組みとして、女性目線で福井の魅力を写真共有アプリ「インスタグラム」で発信。県内外の観光客へ向け、地元グルメや観光スポットをタイムリーに紹介していく。また1年間の活動の集大成として観光ガイド本「いこっさ!福井」の第8弾も作製する。

 【ふくジェンヌとは】福井銀行の情報網を生かして福井の魅力を掘り起こしを図ろうと2015年3月に誕生。福井の「ふく」、フランス語で女性を示す「ジェンヌ」を合わせたネーミング。任期は1年間で、毎年さまざまな部署から選抜されたメンバーが発信に取り組んでいる。インスタグラムのフォロワー数はフォロワー数は1万3000人以上。