思っていたとおり、葛かつら城ぎさんはわたしと一緒に玄関まで来ると「ここでいいですよ」と立ち止まった。振り込みの手続きは、光みつ子こさんや達たつ哉やさんに聞かれずに話すための口実だったのだ。「なーんだ、...