18歳成人直後は悪質業者に要注意

 いよいよ2022年4月から日本の成年年齢が18歳に下がります。4月1日時点で18歳の人はもちろん、4月2日以降に18歳になる人も順次大人の仲間入りをします。

 成人になると、さまざまな契約を親の同意なしに結べるようになります。携帯電話の契約や銀行口座の開設、クレジットカードの作成などが1人でできるのです。アパートを借りることも可能です。

⇒子どもにスマホを貸したら…唖然

 一方成人として扱われるので、親の同意がない契約を取り消せる未成年者取消権は行使できなくなります。自由度とともに責任の度合いも増します。

 しかし18歳で自立している人は少なく、知識量や経験値、判断力も浅いのが実際でしょう。そのため、成人した直後の若者を狙って、強引に勧誘してくる悪質業者とのトラブルが懸念されます。危険度も増すのです。

⇒「電力会社乗り換えで安くなる」言われるまま契約し…

 トラブルを防ぐためには、まず本人が契約の意味や初歩的な金融知識、悪質商法の注意点や回避方法などを学ぶ必要があります。日常生活の中で少しずつ身に付けられるように、ご家族など周りの人も一緒に準備を進めることが大切です。

 困った時は、できるだけ早く専門機関に相談しましょう。お気軽にご連絡ください。

 県消費生活センター=電話0776(22)1102、県嶺南消費生活センター=電話0770(52)7830。