光みつ子こさんの肩から手が浮いたのと同時に、わたしは現実の世界に戻った。 動揺のあまり、つい手が離れてしまったのではなく、これ以上見たくなかったから、顔をそむけるように、あの世界から逃げた。 葛かつら...