福井県が2月27日に発表した新型コロナウイルスの新規感染者は348人。1日当たりの新規感染者数としては23日の351人に次ぎ過去2番目の多さ。1日当たりの新規感染者数が200人以上となるのは25日連続。直近1週間の新規感染者数は2097人で過去最多を更新した。

⇒【グラフ】オミクロン株の発症までの潜伏期間は平均2.8日

 感染の流行「第6波」の中心であるオミクロン株は発症までの潜伏期間が平均2・8日となっており、発症の2日前から発症当日にかけて他者にうつすケースが9割を占めている。県健康福祉部副部長は「症状が出てから対策しても遅い。いつでもどこでも感染するという認識を持って対策してほしい」と一層の注意を促した。