福井県立大学

福井県立大学恐竜学部(仮称)の建設予定地

 福井県は2月10日、福井県立大学恐竜学部(仮称)を2025年4月に開設すると発表した。恐竜学や地質・古気候学などを学ぶ全国初の学部として県立恐竜博物館(勝山市)の隣接地に学部棟を整備し、研究と教育の連携強化を図る。22年度当初予算案に学部棟の整備費4400万円を計上した。

 恐竜化石の発掘調査の成果、恐竜博物館、水月湖の年縞(ねんこう)、東尋坊の柱状節理など県内全域に及ぶ学びの環境を生かし、人材育成と研究を進める。杉本達治知事は10日の定例会見で「恐竜の研究は地球環境を考える上で重要な要素。日本にここにしかなく、いろいろな人が目指してくる」と新学部開設の意義を強調。勝山市と連携した地元密着型を目指す考えも示した。

⇒【写真】恐竜博物館の森は空から見ても恐竜

 新学部の入学定員は30人。恐竜・地質学科(仮称)に恐竜・古生物コースと地質・古環境コースを設ける。恐竜博物館西側にある第3駐車場(敷地面積7500平方メートル)を勝山キャンパスとし、約27億5千万円をかけて学部棟を整備。1年生は永平寺キャンパスで一般教養科目を受講し、2年生から勝山キャンパスに移る。学部棟は26年度に供用を始める。

 恐竜博物館との連携では、施設や研究機器の相互利用、研究員による授業、博物館の展示・保管技術を生かした教育を検討。世界で活躍する研究者による学生指導や海外機関との共同研究も行い、国際感覚を養う。VR(仮想現実)やMR(複合現実)といった先端技術を駆使したデジタル古生物学研究も推進する。

 想定される就職先として県は▽政策立案・教育・研究分野(研究者、学芸員、教員)▽デジタル関連分野(IT関連産業、土質力学・道路測量に関する地質系のデジタル関連産業)▽観光関連分野(ジオパークなど自然関連の観光業、出版業、報道関係)▽地質関連分野(地質・土木・建築系コンサルタント、土木系公務員、ゼネコンなど建設産業)―を挙げている。