若い樹木の枝などを食べるニホンカモシカ=1月18日午前7時ごろ、福井県福井市南西俣町

 福井県福井市南西俣町の山際で1月18日朝、国の特別天然記念物ニホンカモシカが餌を食べる姿が見られた。

⇒カモシカ遭遇時のマニュアルを福井県が作成

 積雪の少ない山の谷間を縫うように歩いた後、樹木の枝やツタを口にしていた。雪が降る中、餌を求めて移動してきたのか、背中には雪が積もっていた。

 福井市自然史博物館によると、まとまった雪が降ると山では歩きにくくなる。職員は「餌を探して里に下りてきたのではないか。人に危害を加えることはほとんどないが、見掛けた場合は野生動物なので距離をとって静かにやり過ごして」と話していた。