1月16日午後3時30分ごろの福井県福井市内

 新潟地方気象台によると福井県を含む北陸地方では、1月17日から18日にかけて強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる見込み。17日正午からの24時間予想降雪量は新潟県の平地で40~60センチ、福井県の平地で5~10センチの見込み。17日は大雪による交通障害、18日は高波や雪を伴った強風に注意・警戒を呼び掛けている。

 北陸地方では17日から18日にかけて、山沿いや山地を中心に大雪となり、平地でも大雪となる所がある見込み。17日12時から18日12時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で以下の通り。

新潟県
平地  40から60センチ
山沿い 70から90センチ
富山県
平地  20から40センチ
山間部 50から70センチ
石川県
平地   5から10センチ
山地  20から40センチ
福井県
平地   5から10センチ
山地  30から50センチ

 寒気の程度によっては警報級の大雪となるおそれがあるという。また、その後も21日頃にかけて降雪が続き、積雪が増える恐れがある。

 18日は、雪を伴った西から北の風が強く吹く所がある見込み。18日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、

新潟県
陸上 15から19m(25から35m)
海上 15から19m(20から30m)
富山県
陸上 10m未満
海上 15から19m(20から30m)
石川県
陸上 10から14m(20から25m)
海上 15から19m(20から30m)
福井県
陸上 10から14m(20から25m)
海上 15から19m(20から30m)

 新潟県では、冬型の気圧配置が予想より強まった場合は、暴風雪となる恐れがある。

 北陸地方では、17日からしけとなり、18日は新潟県では大しけとなる所がある。18日に予想される波の高さは、うねりを伴い新潟県6m、富山県3m、石川県4m、福井県4m。