大学入学共通テスト2022数学Ⅰ・Aの分析速報

 大学入学共通テスト2日目は2022年1月16日、全国一斉に行われた。大手予備校河合塾による各教科科目の問題分析を速報する。数学Ⅰ・数学Aの分析は以下の通り。

数学Ⅰ・数学Aの分析

 大問数は五題。第1・2問は数学Ⅰの分野で必答問題、第3~5問は数学Aの分野で二題を選択する形式であり、昨年(第1日程)と同様である。問題文の文章量は昨年と同程度だが、解答群から正しい答えを選ぶ問題が減少したことに加えて、解答の方針を立てにくい問題が増加したため、困惑した受験生が多かっただろう。数学Ⅰの分野については、昨年出題されなかった集合と命題が出題された。一方、数学Aの分野については昨年から大きな変化はなかった。

 第1問は図形と計量が昨年から一題増えて二題になり、[2]に地図アプリを題材に山頂を見上げる角度を考察する問題が出題された。第2問[1]は2次関数に集合と命題を融合した問題が出題された。他にもグラフの変化を考えるなど、多くの内容が問われており、手際よく解答する必要がある。第4問の整数の性質は、数値が大きいため計算の工夫が求められ、後半の設問で苦戦した受験生が多かったと思われる。第3問、第5問は丁寧な誘導があり、後半に難しい設問があるものの大問全体としては解きやすかった。

河合塾が予想平均点を発表

 河合塾は16日、同日時点の予想平均点を発表した。5教科7科目の文系型、理系型のほか、科目別も発表している。⇒【2022】予想平均点を見る

各教科科目の分析

■2日目

⇒【数学1】数学Ⅰ・数学A

⇒【数学2】数学Ⅱ・数学B

⇒【理科1】物理基礎

⇒【理科1】化学基礎

⇒【理科1】生物基礎

⇒【理科1】地学基礎

⇒【理科2】物理

⇒【理科2】化学

⇒【理科2】生物

⇒【理科2】地学

■1日目

⇒【英語】リーディング

⇒【英語】リスニング

⇒【国語】

⇒【地理歴史】世界史B

⇒【地理歴史】日本史B

⇒【地理歴史】地理B

⇒【公民】現代社会

⇒【公民】倫理

⇒【公民】政治経済

⇒【公民】倫理,政治経済