1月16日午前7時半に発表された津波警報、津波注意報、津波予報が出された地域=気象庁HP引用

 南太平洋・トンガ沖で1月15日、海底火山の大規模噴火があり、同日夜から16日にかけて、日本列島の太平洋沿岸の潮位に大きな変化を観測した。同日、太平洋側を中心に広い範囲で津波注意報が発表され、福井県を含む日本海側にも津波予報が発表された。気象庁によると、福井県で予想される最大の波の高さは0.2メートル未満で、若干の海面変動程度とみられる。

 気象庁は同日午後2時に津波注意報を全て解除した。

 総務省消防庁によると、全国では8県で約22万9千人が避難指示の対象になった。気象庁は16日未明、鹿児島県の奄美群島・トカラ列島や岩手県に津波警報、北海道から沖縄県にかけての太平洋沿岸部全域などに津波注意報を発令した。警報は午前中にすべて解除した。

 長時間にわたる津波警戒で、避難やJRの運転見合わせなど列島各地に影響が広がった。奄美市では徒歩で避難中の100歳女性が屋外で転倒し、頭を負傷。日航は国内線の奄美大島発着便など27便が欠航となる見通し。高知県では室戸市などで船舶10隻の転覆や沖への流出が確認された。

 総務省消防庁によると、避難指示が出た8県は青森、岩手、宮城、千葉、徳島、高知、宮崎、鹿児島。

津波警報とは

津波による被害が発生します。沿岸部や川沿いにいる人はただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。津波は繰り返し襲ってきます。警報が解除されるまで安全な場所から離れないでください。

津波注意報とは

海の中や海岸付近は危険です。海の中にいる人はただちに海から上がって、海岸から離れてください。潮の流れが速い状態が続きますので、注意報が解除されるまで海に入ったり海岸に近づいたりしないようにしてください。

津波予報とは(若干の海面変動)

若干の海面変動が予想されますが、被害の心配はありません。