あわら市長選挙の候補者ポスターが貼られた掲示板=1月16日、福井県あわら市花乃杜1丁目

 任期満了に伴う福井県のあわら市長選挙が2022年1月16日告示され、市内病院長で新人の中川智和氏(58)=花乃杜1丁目、再選を目指す現職の佐々木康男氏(63)=番田、元市議会議長で新人の森之嗣氏(68)=春宮2丁目=のいずれも無所属の3人が立候補した。2015年、市長辞職に伴う18年に続き3回連続となる選挙戦に突入した。23日に投票、即日開票される。

 立候補の受け付けは16日午前8時半から市役所で行われ、抽選の結果、中川氏、佐々木氏、森氏の届け出順となった。

 中川候補は、自らが経営する病院内で第一声を放ち「自由と多様性を尊重し、個人個人が生き生きと暮らせるあわらに変えなければいけない」と語った。

 佐々木候補は、同市国影の選挙事務所前で出陣式に臨み「2期目の私を信じてほしい。必ずみんなが自慢でき、誇りに思える市をつくっていく」と述べた。

 森候補は、同市春宮2丁目の金津神社社務所内で出陣式を行い「まちづくりの主役は市民一人一人。市民目線の風通しのよい市政運営を目指す」と訴えた。