「オミクロン株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 静岡県静岡市は1月15日、新型コロナウイルスに感染し、11日に死亡した高齢男性についてゲノム解析をした結果、オミクロン株と判明したと発表した。オミクロン株感染者の死亡が判明したのは国内初とみられる。

 市によると、男性には重い基礎疾患があった。男性が入院していた医療機関は、市の保健所の聞き取りに「基礎疾患の悪化により死亡した可能性が高い」との見解を示したという。ファイザー製ワクチンを2回接種していた。

⇒【関連】オミクロン株の初期症状、回復にかかる時間は

 また千葉県も、11日に死亡した90歳以上の女性がオミクロン株と判明したと明らかにした。直接的な死因は新型コロナとは別の傷病によるものだといい、県は「感染は死因と直接の関係はないが、傷病の経過に影響した」と説明している。

 福井県内でもオミクロン株の感染が確認されており、新型コロナウイルスの感染者が急増していることを受け、県は13日、独自の「感染拡大警報」を発令した。