「ルポの森」で計画しているグランピングゾーンのイメージ図

 福井県内で飲食店を経営する「O3dining」(本社福井市、大岡亮平代表)は、2020年3月に休館した旧福井市美山森林温泉みらくる亭(福井市市波町)を、温泉施設を生かしたアウトドア総合レジャー施設として再生させ、22年4月20日のオープンを予定している。ペット同伴で豪華なキャンプが楽しめるグランピング施設やビュッフェレストランを併設する。施設運営費などの一部を福井県に特化したクラウドファンディング(CF)サービス「ミラカナ」で募っている。

 みらくる亭は旧美山町が1989年に開業した温泉宿泊施設。市は財政再建計画で民営譲渡先を募集し、同社に決まった。

 アウトドア好きの大岡代表は「ホテルや旅館では味わえない、自然の中でゆっくりくつろげる空間をつくりたい」と計画。施設名は「ルポの森」とした。約1240平方メートルのグランピングゾーンを設け、3種類のドーム型テント計6棟を設置する。水辺をイメージした「アクア」や、畳を敷き越前和紙製の照明器具を設置した「和」などを用意する。ゾーン中央には、たき火スペースも設ける。

 施設内には、県産食材を使った料理を提供するビュッフェレストランをはじめ、スイーツ店やキャンプ用品店、エステサロンが入る予定。パン屋も募集している。再開を望む声が強い温泉施設や宿泊棟は修繕し従来通り運営する。大岡代表は「地域にも喜ばれる施設として生まれ変わらせたい」と話している。

 CFの目標額は300万円でリターン(返礼)は「日帰り入浴券20回分(5千円コース)」や「グランピングドーム平日ペア宿泊券(5万2000円コース)」などを用意する。

 【ミラカナ】福井県に特化したクラウドファンディング(CF)サービス。県内でさまざまなプロジェクトを始める人の資金調達を応援するプラットフォームとして2018年4月に福井新聞社、福井銀行、レディーフォーが連携して始まった。21年6月から福邦銀行が事業に参画。21年10月には累計支援額が1億円を突破した。