石川県内で12月31日6時から1月1日6時までに予想される24時間降雪量=金沢地方気象台31日6時発表(同地方気象台HP引用)

 金沢地方気象台は12月31日午前8時半ごろ、石川県の加賀北部(金沢市、かほく市、津幡町、内灘町)と能登南部(七尾市、羽咋市、志賀町、宝達志水町、中能登町)に大雪警報を発表した。石川県内では31日夕方まで大雪に警戒が必要としている。

 県内で31日午前6時から2022年1月1日午前6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で加賀地方の平地40センチ、山地70センチ。能登地方は平地30センチ、山地40センチ。

 31日午前5時現在の主な地点の24時間降雪量と積雪の深さは以下の通り。※いずれも多いところ
【24時間降雪量】
白山市河内12センチ
七尾    9センチ
金沢    6センチ
珠洲    4センチ
加賀市菅谷 4センチ
輪島    3センチ

【積雪の深さ】
白山市河内 23センチ
七尾     9センチ
金沢     5センチ
珠洲     4センチ
加賀市菅谷 20センチ
輪島     3センチ