サッカーの全国高校選手権福井県大会決勝でゴールを決め喜ぶ丸岡イレブン=11月7日、福井県坂井市のテクノポート福井スタジアム

 サッカーの第100回全国高校選手権に出場した福井県代表、丸岡高校サッカー部の父母の会が部の活動費を募っている。同会は1月16日午後11時まで、福井県に特化したクラウドファンディングサービス「ミラカナ」で100万円を募集。現時点で延べ65人から52万7千円の支援が集まっている。目標達成まで47万3千円。

▽実行者:丸岡高校サッカー部父母の会
▽目標金額:100万円
▽締め切り:2022年1月16日
▽リターン:2千円から5万円まで5種類(ボールペンやクリアファイル)

 丸岡高校は32度の全国選手権出場を誇るサッカーの名門校。今大会は12月29日の1回戦で阪南大学高校(大阪)に敗れた。父母の会によると部の活動費、遠征費は地元企業からの協賛金などで捻出しているが、新型コロナ禍の影響もあり、前年度に続いて資金繰りが困難な状況にあるという。父母の会は県内外から広く協力を呼び掛けている。

 【ミラカナ】福井県に特化したクラウドファンディング(CF)サービス。県内でさまざまなプロジェクトを始める人の資金調達を応援するプラットフォームとして2018年4月に福井新聞社、福井銀行、レディーフォーが連携して始まった。21年6月から福邦銀行が事業に参画。21年10月には累計支援額が1億円を突破した。

※クラウドファンディングの進行状況に応じてタイトルと内容を一部更新しました。