岸防衛相(右)に要請書を手渡す青森県三沢市の小檜山吉紀市長=8日午後、防衛省

 青森県三沢市の米軍三沢基地に所属するF16戦闘機の燃料タンク投棄で、三沢市の小檜山吉紀市長は8日、防衛省で岸信夫防衛相と面会し、原因究明と再発防止を求めた。同省が中止要請したのに投棄から2日後にF16が飛行再開したのを踏まえ「事故後の飛行再開前は、丁寧な説明をするよう米軍に強く要請していただきたい」と訴えた。

 岸氏は「大きな不安と懸念を与えたことを深くおわびする」と謝罪。「日米で連携し安全管理の徹底を図る」と述べた。

 8日に発生した航空自衛隊三沢基地のF35Aステルス戦闘機による函館空港への緊急着陸にも触れ「再発防止に努める」と述べた。