「アクセスが集中しており、繋がりにくい状態となっております」のメッセージが表示された「ふく割」アプリの画面=12月3日午後1時8分

「商品を取得することが出来ません」と表示されたふく割アプリの画面=12月3日午後1時8分

 福井県が県内経済を下支えするため消費喚起を目的に実施している電子割引クーポン「ふく割」アプリが12月3日、つながりにくい状態になっている。Twitter上には「繋がらない」「利用できないとお客様からおこられた」といった書き込みが複数あがっていて、「ふく割」の利用に注意が必要だ。 ⇒【続報】ふく割復旧 クーポン取得可能に

 ふく割は、新型コロナの影響で落ち込んだ経済支援策として今年1月に事業を開始。登録店舗で一定額以上の買い物をして、レジでQRコードを読み取ると割り引かれる仕組み。これまでも電子クーポンを発行し、12月3日午前10時にも「マスク会食割」「しょうきぼ割」などを発行予定だった。

⇒福井県の宿泊割引、上限額2倍に

 同日午後1時半現在、ふく割アプリにアクセスすると、「アクセスが集中しており、繋がりにくい状態となっております。しばらくたってから再度お試しください」「ただいま商品を取得することができません」といったメッセージが表示され、クーポンの取得ができない状態。

⇒福井県民の京都、岐阜、石川、富山、岐阜旅行を割引へ

 ふく割サイトの「お知らせ」コーナーには、「12月3日(金)10時より、[ふく割]アプリへのアクセス集中により、アプリの動作に影響を与えている状態が続いています。現在、原因究明や対応を実施中ですが、復旧のめどはたっておりません。」のお知らせが表示されている。