水槽内に設置されたクリスマスツリー=福井県坂井市の越前松島水族館

 福井県坂井市の越前松島水族館の水槽内に、恒例の水中クリスマスツリーが設置されている。訪れた家族連れらは一足早く聖夜の気分を味わっていた。ツリー設置は12月25日まで。

 ツリーは高さ3メートルで、イルカやダイオウイカ、コンペイトウなどのぬいぐるみが飾り付けられている。サンタクロースとトナカイにふんしたスタッフ2人が設置作業を行った。

 水槽は幅10メートル、水深3・3メートル、奥行き6メートルで、エイやサメ、イワシなどの魚が悠々と泳いでいる。子どもたちは水中のサンタらに手を振ったり、写真を撮ったり思い思いに楽しんでいた。

Xマスイルカショーもスタート

 また12月1日、恒例のクリスマスイルカショーが始まった。サンタクロース姿のトレーナーと2頭のイルカが息ぴったりのステージを披露し、会場を盛り上げた。

⇒【写真】12月から始まったXマスイルカショー

 クリスマス気分を味わってもらおうと企画。リースに見立てたリングをプールに投げ入れると、イルカが口先で器用に拾い集め、トレーナーがツリーに飾っていった。

 観客へのクリスマスプレゼントとして、普段よりぐっと近い位置でハイジャンプが見られる趣向も。鳴き声のコーラスやハードルジャンプもあり、家族連れやカップルが愛らしい姿を楽しんでいた。

⇒福井県内のイベント情報もっと詳しく

 ショーは25日まで。午前10時半、午後1時、同3時に開く。